*

アンタッチャブルの柴田英嗣さんがひげ脱毛と全身脱毛に挑戦

公開日: : 脱毛ニュース

東京イセアクリニック

お笑いコンビ(だった?)「アンタッチャブルの柴田英嗣」さんが、ひげ脱毛と全身脱毛に挑戦するという企画がおこなわれています。1年から2年ほどかけて脱毛がおこなわれ、毎月1回程度の動画体験談の更新もあるとのこと。

女性にとってはあまり興味のない話題ですが、こうして商品やサービスの宣伝として芸能人が使われるということは、男性向けの脱毛サービスも充実してきている証拠でしょうか。

東京都内で5院(池袋、新宿、銀座、渋谷、麻布十番)と新潟で1院(新潟市)の美容クリニックを展開している『東京メンズ・イセアクリニック』(医療法人社団十二会/所在地:東京都港区、理事長:松本直純)のスペシャル体験モニター・お笑い芸人「アンタッチャブルの柴田英嗣」さんによるヒゲ脱毛の動画体験談を公開しました。
出典 : http://www.sankeibiz.jp/business/news/140121/prl1401211109020-n1.htm

最近はカミソリなどによる自己処理だけでなく、除毛クリームを使ったりメンズエステに通ったりするなどして、脱毛やスキンケアをおこなう男性が増えてきているという話です。

美容に対する関心はもともと女性のほうが高いものですが、文明が高度になり、不満などなく生活の最低ラインがそろった満たされた社会になってきて、男性も文化的に変化しつつあるのかもしれません。

柴田さんがひげ脱毛に挑戦する企画の第1回動画を下記に紹介します。

ひげ脱毛と全身脱毛について、上記のような動画体験談のほかにも、今回施術をおこなう東京メンズイセアクリニックの「ゴリラ脱毛」の公式サイトや、柴田さん自身のブログ、フェイスブックなどでプロセスを公開予定とのこと。

ちなみに「ゴリラ脱毛」とは、今回の企画で施術を担当する東京イセアクリニックの医療レーザーによる脱毛サービスのことです。クリニックの公式サイトのほかに、ゴリラ脱毛専用サイトを展開しています。

ヒゲのゴリラ脱毛 | ひげ(髭)の永久脱毛なら効果抜群の医療レーザー

男性向けのサービスにはよく上記のような刺激的な文言が入りますが、個人的には、サービスとのイメージがかい離するような名称はあまり好ましくないと思います。今回もそそられないサービス名だなと感じました。

でもそのような名称がつけられることがけっこう多いので、いつも不思議に思います。実際に自分がサービスを受けることを検討するときに、おかしな印象の名称だったら選択肢からハズしてしまうと思うのですが、世の男性陣にはウケが良いのでしょうか。

もちろん最も重要なのはそのサービスの効果なので、名称がどうであろうと気にしないという人も多いのかもしれません。ただ少し損しているのではないかと思います。どうなのでしょうか?

関連記事

パリス・デ・スキンのサイト

脱毛エステのパリス・デ・スキンがイオン大和店に2月1日(土)オープン

いまや日本では知らない人がいないのではないかと思われるショッピングモールのイオン。その「イオ

記事を読む

TBCのサイト

エステティックTBCでしつこい勧誘

最近は脱毛器や除毛クリームなど、自宅で自己処理をするためのアイテムが充実してきており、以前よ

記事を読む

幸せな女性

世界と日本のムダ毛処理事情の差にビックリ

「水着を着るからVゾーンの毛をしっかり脱毛しなきゃ」「お泊りデートだからワキ毛の処理もしっか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑