*

除毛クリームの効果を100%引き出す正しい使い方

公開日: : 除毛クリーム

もの想う女性

ムダ毛処理といえば昔はカミソリや毛抜きによる自己処理か、もしくはエステや脱毛サロンで施術を受けることがおもな方法でした。最近では除毛クリームが高品質化されて、自宅で簡単に、そして安全に脱毛できるようになりました。

カミソリで剃ると断面が太くなったりお肌の黒ずみの原因になったりというデメリットがあるし、毛抜きで抜くのは1本ずつ処理するので手間がかかるし痛みもあります。エステはお金も時間もかかります。

しかし、除毛クリームなら「塗って拭くだけ」なので、時間も手間もかかりません。また容量が多いものを選べば経済的でもあります。

保湿成分が配合されているものやお肌にやさしい天然由来成分のものなどもあり、使用によるお肌への刺激もだんだんと軽減されてきています。除毛クリームはいまやムダ毛処理のマストアイテムといっても過言ではありません。

そんな便利な除毛クリームも、使い方を間違えるとお肌にダメージが残ったり、本来の効果が得られなかったりといったことが起こります。ここでは、正しい除毛クリームの使い方を説明します。

塗ってはいけない部位

除毛クリームの商品説明にありますが「頭」「顔」「その他のデリケートな部位」「傷のある部位」「湿疹がある部位」などには使用してはいけません。

保湿成分配合だったり、お肌へのやさしさをうたっていたりする製品でも、だいたいの場合、これらの部位への塗付は禁止されているはずです。事前に説明内容をしっかりと確認するようにしましょう。

パッチテストをおこなう

いくらお肌にやさしいということを売りにしている除毛クリームを使う場合でも、事前にパッチテストをおこなうことは大事です。いざ使ってみたら赤みや腫れがでたというのでは遅いので、面倒がらずにパッチテストはおこないましょう。

腕の内側など、反応しやすい部位に少し塗ってみて、5分から10分ほど、その除毛クリームを使う場合の目安の時間を置いてから、洗い流します。24時間ほど経ったあとで、皮膚に変化がなければ大丈夫です。

除毛クリームの使用方法

除毛クリームの使い方はとても簡単です。製品によって多少のちがいはありますが、だいたいの場合、下記のような3ステップになっています。

  1. 体毛が気になる部位に除毛クリームを塗る
  2. 5~10分ほど放置する
  3. 拭き取る、または洗い流す

以上です。本当に時間がかからないし、手間いらずです。2番めの「5~10分ほど放置する」というステップでは、製品によって時間が異なることがあります。長くつけたままにすると肌トラブルを招くこともあるので注意しましょう。

お肌へ塗るときの除毛クリームの量は、体毛が隠れるくらいというのが目安です。付属のヘラか自分の手を使って、皮膚表面にクリームをのばします。

さいごはティッシュやタオルで拭き取るか、水やぬるま湯で洗い流せば完了です。ティッシュはできれば保湿タイプのお肌にやさしいものを使うのが良いでしょう。

繰り返しになりますが、便利で簡単で安全というフレコミの製品でも、使い方によっては肌トラブルを起こす危険性があります。説明内容にしたがって、正しい方法で使うのがポイントです。

ムダ毛処理もスキンケアであるということを意識して、お肌へのいたわりを忘れないことが大事です。除毛クリームを正しく使って、サッパリしたキレイな素肌を手に入れましょう。

関連記事

女性のイメージ

脱毛効果がありスキンケアもできる除毛クリームの選び方

女性のあいだで、脱毛アイテムとして人気が定着してきた「除毛クリーム」。体毛が気になる部位にク

記事を読む

女性の足

除毛クリームによるムダ毛処理のメリットとデメリット

除毛クリームによる脱毛(除毛)のメリットについて説明します。最近は女性に限らず、男性でもムダ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑