*

脱毛効果がありスキンケアもできる除毛クリームの選び方

公開日: : 除毛クリーム

女性のイメージ

女性のあいだで、脱毛アイテムとして人気が定着してきた「除毛クリーム」。体毛が気になる部位にクリームを塗って、少し時間をおいて拭き取るだけというカンタンな方法なので、働く忙しい女性のムダ毛処理にもおすすめです。

でもひとくちに除毛クリームといっても、いろいろな商品があります。市販されているものやインターネットでしか買えないもの、医薬部外品として効果のたしかなもの、保湿成分配合のものなどさまざまです。

いったいどのような基準で、除毛クリームを選べば良いのか。その比較ポイントを紹介します。

除毛クリームはネットで買おう

まず買うお店についてですが、薬局などの実店舗よりもインターネットのほうがおすすめです。カードのポイントがたまるなどの点を考慮しても、ネットのほうが安く買える商品、ネットでなければ買えない商品が多いからです。

もちろん気に入った除毛クリームが実店舗にしかない場合や、付き合いなどがある場合、またポイントをためているという場合は市販のものでも良いでしょう。効果があって、自分が気に入っているものを選ぶのがいちばんです。

効果はきちんと認められるか

まず第一のポイントは「除毛クリームとしての効果があるか」ということです。ムダ毛処理が目的なので、これは当然。具体的には「チオグリコール酸」という有効成分が入っているかをたしかめましょう。

チオグリコール酸はパーマ剤に使われているもので、除毛の効果が認められています。厚生労働省の認可を受けた、効果がたしかな除毛クリームには基本的に配合されているはずなので、成分表示などで確認するようにしましょう。

保湿成分は入っているか

除毛クリームはパーマ剤に使われている成分が入っており脱毛の効果がありますが、その分、お肌への刺激もすこしあります。カミソリや毛抜きにくらべれば小さいダメージかもしれませんが、負担がないに越したことはありません。

そこで保湿成分が入っているものを選びましょう。保湿成分が入っていれば、除毛効果のためにお肌へのダメージがあったとしても、それを緩和してくれる働きが期待できます。

最近は保湿成分配合というものだけではなく、美肌成分が配合されていたり、天然由来成分でできていたりというものも多くでてきているので、それも成分表示を参考にしてたしかめましょう。

除毛クリーム特有のニオイはないか

除毛クリームによる脱毛のデメリットとしてあげられる「嫌なニオイ」。パーマ剤と同じ成分が入っているからなのかはわかりませんが、そのニオイが苦手という人は少なからずいるようです。

しかし最近の除毛クリームではこの点も考えられており、独自の技術でニオイそのものをカットしたり、精油やほかのもので良いニオイを付加したりなどして、ニオイが気にならないような仕組みのものが増えています。

ニオイ対策に関しては商品の詳細として使用者のアンケート結果が掲載されていたり、美容口コミサイトで口コミ情報があったりするので、そちらでたしかめるようにしましょう。

除毛クリーム選びのまとめ

上記のように、除毛クリーム選びのポイントとしては「効果」「保湿成分」「ニオイ」の3つが重要です。細かいことをいうとほかにも「容量」「価格」など気にしたいところもありますが、それらについてはそこまで気にしなくても良いでしょう。

さいごに重要なポイントとして「お肌に合うか」ということがあります。良いと思って買ったけど、実際に使ってみたら自分のお肌には合わなかった、ということもあります。

肌荒れなどトラブルの原因にもなりますので、新しい除毛クリームを買ったら、使う前にまずパッチテストをおこなって、自分のお肌に合うかどうかをたしかめるようにしましょう。そのうえで問題がなければ使用を続けましょう。

化粧品にしてもムダ毛処理のアイテムにしても、お肌に直接つけるものについては、自分のお肌に合うかどうかをきちんとたしかめることがいちばん大事ですからね。

関連記事

もの想う女性

除毛クリームの効果を100%引き出す正しい使い方

ムダ毛処理といえば昔はカミソリや毛抜きによる自己処理か、もしくはエステや脱毛サロンで施術を受

記事を読む

女性の足

除毛クリームによるムダ毛処理のメリットとデメリット

除毛クリームによる脱毛(除毛)のメリットについて説明します。最近は女性に限らず、男性でもムダ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑